バナースタンド業者選び

バナースタンド業者選び

業者選びの際の注意点

バナースタンドは宣伝用の看板を作ろうとしている人にとってとても効果の高い看板なので、とても政策を依頼する人が多く、バナースタンド制作を請け負う業者もたくさん存在します。しかし中には悪徳な業者も存在しないとも限らないのです。

無知のままではいけない

バナースタンド制作を依頼する際に何の知識も持たずに制作依頼するのはとても危険です。相手に制作をまるまる依頼するのですから、ある程度の知識がないとこちらのイメージが十分伝えられないですし、悪徳な業者にも騙されやすいです。
まず、バナースタンド業者について簡単に学んでおきましょう。
バナースタンド業者は基本的にフレームや生地は別の業者から仕入れてバナーを制作しています。ですから基本的にバナースタンドの製品としてはサイズがそれぞれ違えどタイプが同じであれば基本的には同じなのです。
ではどうして業者によって同じものでも価格が違ってくるのかというと、自社の印刷機を所有していたり、企業努力によってコストを抑えたりしているところがあるわけです。

価格は印刷代込みかどうか

ものが同じであればできるだけ安いところが良いんじゃないかと思いがちですが、どんな品物でもただただ価格が安いというだけで決めてしまうのはとても危険です。
最近では店舗の維持費がかからないという理由でwebサイトだけで運営しているような業者も数多く見られます。
そういった業者では大々的に価格が安いことを宣伝していますが、その広告はちょっと注意してみる必要があります。
バナースタンドの価格を見る場合にはその価格は印刷代込みかどうかをしっかりチェックするようにしましょう。
バナースタンドを依頼するとき、何も書かれていない真っ白なバナースタンドを頼む人は誰も居ないでしょう。いくら宣伝で価格がやすいといっても印刷代が別だと、トータル的に普通に印刷代込みの業者よりも高いなんてことも十分あるのです。

色校正は必ずやろう

次にチェックするべきポイントは実際に印刷されたときの色についてです。
パソコンで見ている色と実際に印刷されている色が少し違うという経験は誰しも一度はあるのではないでしょうか。
バナースタンドの制作依頼のやり取りはパソコン上でおこなうことが最近は多くなりました。ですから多少の色の違いが発生する場合もあります。色が少し違うと、時にはそのバナースタンドのイメージがガラッと変わってしまう可能性もあります。
ですから、色校正といってパソコンに印刷された色と、実際に印刷される色とを見比べて修正する作業が必要なのです。
これは安い業者だとこちらが依頼しないとやってくれない場合があります。色校正をしてくれるかは事前にチェックしましょう。