バナースタンドの生地

バナースタンドの生地

生地の選定で変わるバナースタンド

バナースタンドを制作するにあたっては事前に決めておかなければいけないこといろいろとあります。バナースタンドにどのようなデザインを印刷するかはもちろんですが、そのデザインをどんな生地に印刷するかもとても重要です。

バナースタンドの生地は様々

一口にバナースタンドの生地といってもその記事の種類は1種類ではありません。バナースタンドに使用される生地には様々な種類があります。基本的にはデザインするための生地の種類は決められていますが、中には依頼者が自由に印刷してほしい記事を持ち込むことが可能な場合もあります。
では具体的にバナースタンドにはどのような生地を使用することが多いのでしょうか。
生地を選ぶ際にはどれくらいの期間設置するかや、どこに設置するかを考慮して選ぶとより使用する生地が決めやすくなります。
バナースタンドに使用する生地の種類を大きく分けると化学繊維、ビニール、合成紙の3種類となっています。
それぞれにメリットがあるので詳しく見ていきましょう。

化学繊維生地

まず、化学繊維のものですが、これは軽くて制作コストが安いのが大きな特徴です。ですから短期間使用するようなバナースタンドや軽いというメリットを利用して移動が多くなるバナースタンドを制作する際によく使われる生地です。化学繊維の中でも代表的なものが三種類あります。
一つ目はテトロントロピカルです。これはとにかく低コストですませたいという人におすすめの生地となっています。
二つ目はテトロントロマットです。これは先のテトロントロピカルよりは丈夫な生地になっているので耐久性に優れています。少し長期間使いたいという場合によく選ばれる生地です。
三つめはスエードです。これは化学繊維の生地の中では高級な生地となっていて、プリントも鮮やかに生えるので高級感を演出したいという場合にはよく選ばれる生地です。

ビニール生地と合成紙

次にバナースタンドによく用いられる生地としてイニール生地があります。ビニール生地はとにかく耐久性に優れているので、長期的に常設するバナースタンドを設置したいと考えている場合にはおすすめの生地です。確かに制作コストは合成繊維のものに比べると高くなりますが、長い目で見ればお金をかけるだけの活躍は十分してくれます。ビニール生地で代表的なものとしては2類ターポリンがあります。ビニール生地の特徴としては撥水効果が高いこともあげられます。つまり屋外の使用にも適しているということです。
最後は合成紙生地です。この記事は耐久性に優れ、撥水効果も高く、プリントしたデザインんぽ発色も良いととても優れた素材です。代表的な生地の種類として、ユポ紙とよばれているものがあります。