バナースタンドの注文方法

バナースタンドの注文方法

バナースタンドの注文の仕方を覚えよう

店舗や展示会場の販売広告の方法として人気なのがバナースタンドです。バナースタンドは立て置き式の広告で、気軽に設置ができるロールタイプのものから、記者会見などで使う大きなバックボードまで様々な種類があります。今回は、バナースタンドを実際に作る際の注文の仕方をご紹介します。

まずは見積もり相談

バナースタンドを注文する業者を選んだら、まずは見積もり相談から始めます。見積もりはインターネット上でも可能な業者が多く、無料で相談できるところもあるので、まずは気軽に相談してみましょう。
インターネット上で見積もり相談をする場合、専用の連絡フォームかメールに必要事項を入力します。バナースタンドの種類や印刷する内容によって値段が変わってくるので、記入漏れのないようにしっかりと入力をしましょう。
インターネットでの見積もり以外では、フリーダイヤルでの問い合わせがあります。業者によっては営業時間が決まっているので、前もって連絡可能な時間を調べておきましょう。
店舗が近くにある場合は直接見積もり相談をすることもできます。ほとんどの業者は見積もり無料ですが、店舗に相談する際も営業時間を確認しておきましょう。

入稿から入金まで

見積もりが終わったら、バナースタンドに印刷してもらいたい内容を入稿します。
インターネットの場合はデータ入稿がほとんどです。印刷してほしい広告内容をデータ送信しましょう。画像データの場合、保存形式が異なると正常に入稿できないので、指定された保存形式かどうか入稿前にしっかりと確認しましょう。
店舗で直接入稿する場合、紙出力で渡すか、USBメモリなどを使ったデータ入稿となります。紙出力の場合はイメージ通りの色になるようにしっかりと調節しましょう。USBメモリなどのデータ入稿の場合は、インターネットでの入稿と同じくデータの保存形式に気を付けましょう。
入稿が終わったら、必要金額を入金します。入金形式は店舗ごとに指定があるので、指示通りに入金をします。

商品作成からお届けまで

入稿と入金が終わったら作成作業に入ります。業者やバナースタンドの種類などにより異なりますが、作成からお届けまで約一週間かかります。場合によってはもっと時間がかかることもあるので、注文する際は計画的に行いましょう。
商品作成の際、入稿データと出力作成された現品の色が微妙に異なる場合があります。データ上での色合いと実際に出力した際の色合いは、同じパソコンやソフトを使っていても差が出てきます。作成後にイメージしているものと違う、という風にならないよう、見積もりや入稿の際に業者としっかり相談しておきましょう。
作成が終了したら商品が届きます。配送は基本的に指定の運送会社により行われますが、業者によっては運送会社を選ぶこともできます。住んでいる地域によっては配送に時間がかかることがあるので、注文前に確認しておきましょう。